目的の動画へたどり着くためには

レンタルビデオショップに足を運ぶと、アダルトなタイトルが非常に多く取りそろえているショップがあります。基本的には子供も来るお店なので、アダルト関連はひとまとめにコーナーとなっていますが、そのコーナーが非常に大きいショップがあるのです。

そのようなお店はアダルトグッズも取りそろえていることが多くあり、カップルで訪れてグッズを選んでいる風景を見ることもあります。なので、アダルト関連の映像をカップルで見るとパターンもありなのではないかと思います。

このようなアダルト関連の映像はネットでも容易に閲覧することができます。特定のサイトを閲覧禁止にするという設定をする事は可能ですが、どのようなパソコンであってもエロ動画検索で、目的の動画を見つけることは容易なのです。無料でオナニーが出来る動画がたくさんネットにはあるんです。

なので、レンタルビデオショップでDVDを借りると言うときと、ネットで動画を探していくという時もあるのです。アダルトサイトを探して回るときには、エロ動画検索のやり方がポイントになってきます。

国内向けのサーバーでは、ぼかしの入った映像ばかりになってしまうので、外国のサーバーに置かれているサイトを閲覧する事にします。そうなってくるとエロ動画検索のキーワードも横文字で入れる事になるのです。

日本人のAV女優が好みなのであれば、そのAV女優の名前をそのまま入れるか、有名なDVDタイトルの名前を入れるなどすることによって、目的の映像に近づくことがあります。

ただ、日本で売られているアダルト映像のタイトルのまま外国で閲覧されている可能性は低く、全く違う名前になっているのでエロ動画検索にて目的の動画にたどり着くまでには結構な困難があります。

ですが、このようななかなか見つからないアダルト映像を探すというのも無駄なことではなく、目的の映像以外の外国の綺麗な女性の動画をいくつも閲覧することが可能になるので、特定のAV女優ばかり求めている状況とは違ってくるのです。

このような検索に戸惑う時間も悪くないのです。

オナニーをするAV女優の姿が綺麗なアダルトビデオ

AV女優が一人でオナニーをする場面があるのですが、そのAV女優が必死でオナニーする場所が階段であったり、踊り場であったりするとより見ている人が興奮してしまうのです。

女性だった一人で妄想しながらエッチをすることがあります。そんな姿をアダルトビデオならばっちりと見れるのが良いところなのです。裏ビデオならその濡れ濡れの局部が大きくアップされ、それもまたかなり興奮するところです。

そんなAV女優が実にいやらしく、よがる場面を見れるアダルトビデオがあります。両手を後ろ手に縛られて、両足を大きく開かされています。下から大人のおもちゃを入れられては扱かれているのです。その大人のおもちゃは実に大きく、床に固定してあるので、ずっとその女性の陰部をシコシコとするのです。

ずっと扱かれているので、その陰部は濡れ濡れとなり、穴もより大きく開かれています。そしてAV女優の顔もかなり気持ち良さそうです。その気持ち良い顔が実に見ている人を興奮させる部分で、顔もバッチリと見えるのもそのアダルトビデオの良さです。

一人でオナニーをするAV女優は、陰部に色々な物を入れては一人エッチをしています。穴の中にキュウリやナスを入れているものもあり、そのショッキングな光景が更に興奮度を増す部分です。

又、男性のオナニーシーンもあり、それも見ている女性を興奮させては気持ち良くさせてしまうのです。男性のいきり立ったイチモツをシコシコと扱きながらアナルに入れては腰を動かすのですから、とても激しい光景に興奮度も高まります。

そのAV女優の顔に顔射を何度もすると、顔が精子で真っ白になってしまいます。ドロドロの液体はかなりいやらしく、まるでローションのように付くところも顔射の良いところです。

可愛いロリコン的な女性の穴に中出しをするアダルトビデオはとても素的で、愛情を感じてしまいます。なかなか中出しはカップルでもできないだけに、とても勇気のある行動です。それをいとも簡単にやってしまうアダルトビデオは本当にいやらしく、興奮度も増します。

慣れると快感が生まれるアナル

基本的にアナルというのはアナルフェチの人でない限り殆ど利用することは無く、普通のセックスをしている人には全く意味の無いものとなります。この部分を利用してプレイをすることは、非常に辛い拡張ということをしなければならないためです。拡張をしなければ挿入することはできないため、アナルプレイをする前には拡張をすることが多いです。AVの撮影でも拡張を事前に行っている場合が多く、挿入しやすいように工夫しなければ楽しめないプレイです。無料fc2動画でも見たことない事前準備が必要なわけです。
ここだけに挿入するのであれば、動かすことは結構簡単にできます。徐々にですがアナルの部分が広がってくるような状態となるため、問題無く腰を振って気持ちよくすることができます。ただ2本入れる場合は注意が必要で、性器の部分とアナルの部分に入れる場合、片方が置くまで入っていると入らないことがあります。余程広い人は出来ると思いますが、それが出来ない場合は部分的に動かすような感じを取って、とりあえず動かすことを前提に考えていきます。
女性によってアナルというのは痛みを覚える部分でもありますから、基本的に痛いと感じられる状態が続くことも多いです。そのうち慣れてくると痛みを感じない状態となり、今度は快楽が生まれるようになります。最初のうちは誰だって痛い部分でもありますから、そう簡単に出来ることではないと思って結構です。AV女優の場合もある程度慣れてからプレイをしている人が多いため、気持ちいいと言っているのは相当慣れている証拠であると考えてもいいです。
この部分は男性でも入れられる所ですが、入れる場合はとにかく広げることが絶対条件となります。また挿入後は残便感が残り続けることもありますので、もしかしたら便が出ないのに便所に座り続けることが出るかもしれません。それくらい困った場所と言えるのですが、性的な快楽という部分では非常に強みを持っており、慣れてくれば誰でも気持ちよくなる所です。女性の場合は2穴差しというプレイによって、最高の快楽が得られます。

あくまでもソフトなスカトロが大好きな僕

エロいことって深いですよね。なんか哲学みたいなことを言ってしまいましたが、エロにはたくさんのジャンルがあっても、人それぞれの趣味・性癖があって、半端ないくらい深いって心から思うんです。
たとえばスカトロってものがありますよね。ウンチやオシッコなんかのあれです。実は僕、スカトロにすごく興味があるんだけど、実際にそういうプレイはしたことないんです。むしろするのはニガテかも知れないっていう感覚があります。
でも、想像すると興奮するんですよね。美人のお姉さんや清楚な女の子が、ブリブリっとアナルからウンチを排泄するところなんかを妄想すると、すぐに勃起してしまいます。妄想だけをネタにオナニーしたこともあるくらいです。
だから、多分、僕はあくまでもソフトな意味合いでのスカトロ好きなんだと思います。
リアルに排泄を目の前で見たとして、恐らくいつものように興奮はするでしょう。でも、きっと気おくれするというか、びっくりしてしまう部分も少なからずあると思うんです。
なによりリアルだと臭いが存在しますし。あの臭いがいいんじゃないかと本格派の方々から怒られてしまいそうですが、やっぱりウンチの臭いには萎えちゃうかもなんです。
でも、スカトロはやはりオカズにはなる…ということで、ソフト派代表の僕としては、無料エロ動画なんかでそれを見るのが自分の性癖には一番マッチしてるのかなと思います。
食糞系のスカもありますけど、僕はそこまでの勇気はまだなく、今のところ浣腸であったりとか、放尿であったりとか、そっち系の動画が大好物でよく見ています。
特にたまらない!と思うのは浣腸系のスカ動画。女優さんがガマンしてるところでシコシコし始めて、盛大に脱糞するその瞬間にイクというのが僕的には最高のオナニーで、タイミングがぴったり合った時なんかは興奮してめちゃめちゃザーメンが出ます。
次回はちょっと冒険して身体にウンチを塗りたくる系のやつを試してみようかな…なんて、例によってそんな想像をしている今、またすごくシコりたくなってきちゃいました(笑)。

排便を我慢する女性を見て興奮する性癖

子供達が同級生にするのが浣腸だと長らく思ってきましたが、どうも本物は別にあるらしいと知ったのは最近の事です。どうも医療の一環で使われる物の様で、便秘に悩んでいる人のアナルに下剤と思われる液体を注入して便を出すのが目的の様です。あースッキリしたという所ですが、これには別の使い方もあるのです。

性的なプレイで浣腸を使う、とはどういう事かと思うでしょう。勘の鋭い方はスカトロと関係があるのかなと思ったかも知れません。しかし、それなら下剤を入れる必要は無く、そのまま出せばいいだけのはずです。

実は、女の子が排便を我慢する姿に性的快感を覚えるという人達がいるのです。関心のない人達からすると、信じられない事に思えるかも知れませんが紛れもない事実です。無表情ではマニアは満足しません。下痢便に興味があるのではなくて、我慢する姿に萌えるという訳です。そのため出演している女の子には我慢が求められます。ちょっとだけの我慢で出してしまっては、つまらないと判断されてしまいます。

アスリートの如く限界までチャレンジしなければ駄目なのです。そのため彼女達は普段からアナルの筋肉のトレーニングを行っています。締めると緩めるを1日に何度となく繰り返します。その結果として常人では考えられない程の肛門筋の強さを身に付ける事が出来ます。

彼女たちにとって浣腸後の排便を我慢する事は難しくありません。あまりネタばらしすべきではないかも知れませんが、心配する人もいるので本当の事を言うべきだと思います。苦しそうにしているのは、その多くが演技です。いかに本物っぽくやるかが撮影では重要です。

何だか夢がないと落胆された方もいるはずです。そんな人のために言っておきたいのですが、我慢が得意なのはプロの女優さんであって、アマチュアの場合は例外です。なので『本物』が見たいのなら、そちらの方を鑑賞する事をお勧めしたいです。無料動画サイトで探してみてください。目立たない作品の方が良作だったりするので、見逃さない様にしましょう。

アナル性交は普通の事なのだろうか

ネットを見ているとアナルフェチ、アナル性交が普通の事の様に語れていて意外だなぁと思う事がある。そんなに皆さんにとって身近な存在なんですかと聞きたいぐらいである。でも、風俗サイトとか見てみてもAFOK!とか書いてあったりするので、それなりに親しんでいる男性がいるという事なのかも知れない。

私にとって肛門性交は同性愛者の男性が行うというイメージしか無い。というか実際にそうなのだと思う。女性の場合はペニスの受け入れ先が存在している。所謂マンコというやつである。ここに射精して受精すれば新しい命が芽生える訳で、ペニスを挿入するのに最もふさわしい場所だと言えるだろう。対してお尻の穴には、その様な役目が存在していない。ここの役目は排便、つまり体の中で消化された食べ物のカスを体の外に出すという事である。

そうやって考えると益々不思議に思えてくる。出そうと頑張っている場所に入ろうとしているのである。本末転倒とは正にこの事では無いだろうか。出口に我先にと便が急いでいる所にオチンチンが入ってくるのだから相当驚く事だろう。オチンコさん、ここはアナルですよ。あなたが入って来るべき所ではありません。ここの直ぐ近くにマンコという入口がありますから、そちらからお入りくださいと丁寧な口調でウンコに言われかねない。

それは冗談にしても、どうしても男性同士でセックスしたいのなら、上の口を使えば良いのにと思ってしまう。そっちだって奥まで入れる事が出来るし、これなら異性間でも行われているから不自然な感じがしない。また、便にも触れないから清潔な性交ができる利点もある。良い事だらけなのだから、今後はこちらを活用してはどうかと他人事ながら感じている。

しかし、私自身アナルの経験がないからそんな事が言えるのかもしれない。知ってしまえばその魅力に取りつかれてしまう可能性もあるだろう。実際、病み付きになっている人が多いのである。今度試しに…いや、やめておこう。でも無料F2動画あたりで検索してみようとは思う・・・。

アナルに浣腸でお腹パンパン状態って最高にエロいです

浣腸って凄いエロさを感じませんか。
元々の用途は便秘の解消などのはずですが、個人的にはもうエロいアナルプレイのための道具にしか見えませんね。
エロ関係に限って言えば、本来の用途とは全く違って別に不調がないのに浣腸で無理やり排便させてから女の子を恥ずかしがらせて興奮しようってことですからね。
浣腸で一番エロいのって詰め込みまくってお腹がパンパンになった状態だと思うのですよ、しかもお腹からはぎゅるぎゅるって音がしてて、お願いだからトイレに行かせてってお願いされているような状態。
なんだったらここにアナルプラグでもはめた状態にして、腕も拘束して自分では取れない状態、さらにお腹を圧迫でもすれば、確実にお願いだから取ってぇ状態ですよ。
しかしすぐにはとらずに焦らして様子を見るのです、しかも取ってほしいなら交換材料に何か恥ずかしいことを言わせたり、とんでもない約束とかするのもいいですよね。
最後にとって上げる時もトイレに行ってとるのではなくて、その場で取ろうとするのです、するとあれだけ取ってと言っていたのが、やめてとなります。
しかしお構いなく取ってしまうのです、そしてその場でイヤーと言いながら恥ずかしい音を立ててぶちまけさせるのです。
そしてお尻を綺麗に拭いてあげた後にその匂いのするなかでのアナルプレイ、恥ずかしがりながらも興奮する女、いいですよね。
話は変わりますが、浣腸は薬局などで売っている排便を促す薬ですが、子供のよくやる人差し指をお尻に突っ込むあれは言葉での発音は同じですが、やはり文字にするとカンチョーなのでしょうか。
個人的にはこのカンチョーもとてもエロい行為だと思うのですよ。
小さい子供が性的な知識などはなくやっているものですが、それだけに大人の女性などにやって感じてしまった時などとても興奮するシチュだとは思いませんか。
アナルにカンチョーで催してしまいそのままその場でなんて考えただけで最高ですよ。
でも流石に飛躍しすぎですかね。

妻と初めてアナルを使って夜の営みをしたわけですが…

とりわけアナルフェチってわけではありませんが、先日妻のアナルを使って初めてアナルというものを体験しました。妻も初めてだと思っていたのですが…。ここまで説明して区切るということがどういうことなのか、察しの良い人なら分かるかと思います。妻はアナルの経験が実はあったのです。ですが私と付き合った当初、私が初めての人だといってくれていましたし、また前の穴でしたときも血を見ることができました。なので妻は嘘を言っていないと思っているのですが…先日そのことについて問い詰めたところ、面白い言葉が帰ってきました。
どうやら私の妻は性の目覚めがとてもはやかったようで、そういったことに興味をもっては、すぐに自分の体で試していたそうです。ですがそういったことに興味を持つことをとても恥ずかしいことだと思い、人に知られたくなかったらしく、前の穴だけは傷つけないよう、自分を抑えていたんだとか…。つまり後ろの穴はいろいろな野菜だったり道具だったりで拡張済だったわけですね。私と付き合うことになった時も、そういった性の欲求を全面に出したかったらしいのですが、私に引かれ、最悪振られることを恐れた妻は言い出すことができなかったそうです。私としてもえっちな事は大好きなので、決して引くなんてことはなく、むしろ喜ばしいことだったのですが、彼女としては言い出すことに抵抗があったのでしょう。
今回、アナルでセックスがしてみたいと言ったのは、私からだったのですが、もしかしたら妻は何年間もそれを言い出したい欲求を耐えていたのかもしれません。最初こそ恥ずかしがりましたが、すんなりアナルですることを受け入れてくれたのには、そんな背景があったわけですね。
ここまで、妻の過去、背景にばかり触れてきたので、アナルの方を使った感想も書きたいと思います。とても柔らかかったです。中はとっても柔らかいのに、入り口はキュッと締まる…。想像通りといえばそうなのですが、想像よりもよかったと言ったほうが正しいかもしれません。